​名詮自性2020年版

​輪廻図

2021/01/07  「八犬伝」の次に好きな本が『ICONOLOGIA』なのだが、面白い図像がある。タイトルは「VIRILITA」で、本を持った女性がライオンの背に座っている。経巻を持ち八房の背に乗り富山に向かった伏姫のようである。伏姫は、よく男まさりの伏姫と言われているが、なんとVIRILITAとは「男らしさ」という意味なのだ。八房は獅子であるからライオンである。伏姫と八房のイメージにはいろいろ説があるけれど、さすがに馬琴がICONOLOGIAを知っていたとは思わないが、人間は洋の東西を越えて似たようなイメージを作り出すものである。

八犬伝雑文

since 2005 07 07

since 2017 10 17

since 2019 12 27